保温効果が違う|乾燥肌にぴったりな化粧品

女の人

短期間で白い肌に戻すため

女性

ヘモグロビンの沈着が原因

ニキビは、毛穴から入り込んだアクネ菌を追い出すための炎症によって生じます。炎症を起こすと、その部分では血管が拡張し、血液が多く流れるようになります。そのため赤く腫れるのですが、この時に血液に含まれているヘモグロビンが、肌に沈着することがあります。沈着しているわけですから、このヘモグロビンは炎症がおさまった後も、肌に残ります。ニキビが治った後に、赤みのあるニキビ跡が残ることがありますが、それは沈着したヘモグロビンが原因となっているのです。一般的にニキビ跡は、肌のターンオーバーによって自然に除去されます。この赤みのあるニキビ跡も同様で、ターンオーバーによって古い肌細胞と一緒にヘモグロビンが排出されれば、徐々に薄くなっていくのです。

ターンオーバーのペース

しかしターンオーバーには、早くても約1ヶ月かかります。しかも年をとると、ターンオーバーのペースが落ち、2ヶ月ほどかかるようになります。また、ヘモグロビンが肌の深い部分に沈着している場合には、消えるまでにはそれだけ多くの回数のターンオーバーが必要となります。ところがターンオーバーは、美容液などで肌に栄養分を与えれば、ペースアップさせることができます。具体的には、ビタミンAやビタミンC、プラセンタエキスなどにその効果があることが知られています。そのため、赤みのあるニキビ跡ができた場合には、これらが配合された美容液を使用すると、比較的短期間で目立ちにくくなっていきます。赤みの度合いにもよるのですが、ヘモグロビンが浅い部分に沈着している場合には、1ヶ月未満で消えていくのです。